水道水の危険性とウォーターサーバーの安全性

指摘される水道水の問題とウォーターサーバーの変遷について

安全な水がいつでも

かつて日本は水道の蛇口をひねれば、そのまま安心、安全なお水が飲めるということで、世界中からうらやましがられていたものです。今でもその事実は変わりませんが、少しばかり事情が異なってきたところもあります。自然災害がきっかけとなり、水道水確固たる安全性を確保できなくなったことがその最大の要因ですが、その他にもまれに水道水から有害物質が検出されることがあり、かつてのように絶対に安心とは言い切れない状況に置かれてきたと言えます。

ウォーターサーバーに使用する水は、各業者が安全な水源から採水し厳しい衛生管理のもとにボトルに入れられているので、衛生面で長けています。さらにその水を衛生的に安全に保存するという機能が、機械に備わっているためいつでも安全で新鮮なおいしい水を使用できます。

また、業者によっては加熱処理を行うこともあります。天然水の最大の特徴は自然に含まれるミネラル分を豊富に含んでいることで、健康効果を期待したい人などにはお勧めです。ただし、加熱処理を行っている場合にはミネラル分が失われていることもあるので注意が必要です。

オフィスや施設などの人が多く集まる場所での飲用水がもし不衛生だった場合、食中毒などの危険性があります。そこでウォーターサーバーの水を飲用水に用いる事で、その不安がなくなります。また冷たい水を使用したい人にも、温かい水を使用したい人にも迅速に対応できます。赤ちゃんがいる家庭では、ミルクを作るのに使用できます。サーバーのお湯の温度は80℃から90℃なので、一度お湯で粉ミルクを溶かします。そこに水を少しずつ入れ、ちょうど良い温度になったら出来上がりです。赤ちゃんを育てている時は特に忙しい時期なので、わざわざお湯を沸かさないでミルクを作れるので、便利です。

水道水の恩恵について

普段、私たちは何気なく水道の水を飲んで生活しています。とりわけ、日本はインフラの整備が行き届いていて、何不自由なく電気やガス・水道の恩恵を受けています。
昔は、井戸の水をくんで貯めることが求められましたが、今では水道の蛇口をひねるだけで簡単に水を使うことができます。このことから、日本は先進国においても豊かであることが垣間見れ、その分知的な活動に時間をさくことができる訳です。

しかし、その便利である水道水にも、近年問題が指摘されているのをご存知でしょうか?水道水には、大腸菌や病原菌を殺菌するために、塩素が混入されています。このため、水道水をかいで「塩素臭い」体験をしたことは、誰にでもあるかと思われます。この塩素が水道管を通じて、様々な化学反応を経て、蛇口から流れていきます。そこには、トリハロメタンと呼ばれる物質が含まれており、最近の研究成果から発がん性物質として喚起されています。殺菌を目的に使用される塩素が、こうしたかたちで健康を害することは皮肉なものです。

ウォーターサーバーが注目される理由

一方、ウォーターサーバーによるサービスが、主婦層から注目が集められています。ウォーターサーバーとは、業者が天然水を宅配するサービスのことで、自宅に専用のサーバー機器を取り付けることによって、水が飲めるシステムになっています。口当たりのよい天然水が飲みたい、赤ちゃんにだけは安全な水を飲ませたい、と言った意見に反映して、業界内では隆盛をきわめています。

ウォーターサーバーの業界では差別化をはかっており、顧客の獲得にまい進しています。たとえば、ある業者では富士山麓の天然水を商品として販売しており、バナジウムの成分が大々的に広告されています。バナジウムはミネラルの一種で、体内の環境を整えると同時に、血糖値を下げる効果が確認されています。このため、現在では安全性のみならず、水そのものを吟味することや、健康増進に役立てられている状況にあります。

意外と知らない?暑中見舞いを送る際の時期やマナー