ウォーターサーバー使用のメリット

日本の水事情・親心が生み出したもの

ウォーターサーバーの変化と需要は

いつの時代も親が子を思う気持ちの根源は無償の愛ですが、そんな親にとって、子供が口にする水に神経質になるのも無理はありません。生まれたての赤ちゃんが飲むミルクはもちろんのこと、小さな子供に与える水も、完全に信頼できるきれいな水を与えてあげたいものです。そんな思いが形になって生まれたのが、ウォーターサーバーだと言っても過言ではないでしょう。その安心や安全の形は、どんどん進化を続けています。

コストと安全性の天秤

初期のウォーターサーバーは、少しでもランニングコストを抑えるためにボトルを回収し、洗ったのち、再び水を充填していました。けれど、この方法では新しいボトルを作成するまでのどこかの段階で雑菌が混入する可能性が捨てきれず、そこからまた進化が生まれました。ボトルは回収せずに小さく折りたたんでプラスチックごみとして分別して出すことによってリサイクルし、環境に負担をかけないようにすると同時に、次なるボトルは滅菌処理されて充填された水を届けるのです。

家庭に一台

工場は徹底的に衛生管理され、そこで作られるウォーターサーバー用の水もボトルも完全に衛生的だということであれば、利用したいと考える人が徐々に増えてきました。今や特別な場所に置かれた水マシンではなく、小さな子供がいる家庭にはごく当たり前のように置かれ始めてきており、もうしばらくすれば家電製品の一つとして、自然に家の中に納まっている風景が見られるようになるのではないでしょうか。

メリットが多いウォーターサーバーの導入

最近は自宅にウォーターサーバーを設置している家庭が多く見られるようになってきました。以前はお金を払ってまでお水を購入することに対して抵抗を感じる人もいましたが、近頃はサーバーを設置することのメリットが知られるようになり、急激に普及してきています。

ミネラルウォーターの場合、都度会に行かなければいけませんが、ウォーターサーバーなら、好きなときに好きなだけ水を飲めるのです。新鮮な冷たい水だけでなく、ワンタッチで温かくできる機能も登場しています。

水をたくさん飲むと、むくみが発生すると考えている方もいるでしょう。しかし、水を飲まないと血液やリンパ液の流れが悪くなり、むくみを促進してしまうのが現実なのです。飲みすぎはいけませんが、不足も健康を害してしまうのです。食事の際は、水を多めに飲むようにすると、食事の量を減らしても満腹感を得られやすくなります。ウォーターサーバーの水を使えば、栄養不足も同時に補えます。ダイエット中は栄養不足になりやすいので、積極的に水を飲んでミネラル補給しましょう。

ウォーターサーバーの水を毎日飲めば、体内毒素排出が期待できます。血流が悪くなると、体内に老廃物が滞ってしまうのです。血液がドロドロになると、血管を詰まらせる原因ともなります。水は健康維持の要であり、喉の渇きを感じなくても、こまめに飲む必要があるのです。十分な水を摂ることで体内循環がよくなり、血液を綺麗にすることができます。

ウォーターサーバーのメリット

  • 天然水やRO水など水を選べる
  • 好きなときに好きなだけ飲める
  • 食事で不足するミネラルを補給できる
  • 水をたくさん飲むと痩せやすくなる
  • 体内毒素を排出できる
  • 体内循環がよくなり、血液を綺麗にできる